• プログラム担当者紹介

    各プログラムを支えてくださる方々をご紹介します!

    伊勢泉

    (ダイアード瞑想)

    仙台市出身。音楽の学びのためにスイスへ渡り、異文化・異言語の環境で、わかり合うことの難しさを痛感。相互理解のためには共感的な関わり方が大切と気づき、NVCを学び始める。その学びの中でダイアード瞑想に出逢い、平安の中で自分の源泉に深くつながる体験をする。一人ひとりの心の平安がより平和な世界を創っていくのではないかという想いから「オンライン・ダイアード瞑想」を主宰。日常でシンプルに自分とつながる場を提供している。スイス在住。日本語教師。

     

    遠藤英春

    (NVC同好会)

    早稲田大学大学院商学研究科修士課程修了。家族の自死、自身のうつ病を相次いで経験し、その回復過程でNVC(非暴力コミュニケーション)、そしてマインドフルネスと出会う。「思いやりをもって自分と関わる、人と関わる」ことを自然な振る舞いとしてできるよう、学びと実践の日々。2020年から、NVCやマインドフルネスを音読を通して学ぶ場を継続して持ち、声でつながることの豊かさと可能性を見出している。
     

    加藤恵美

    (三原色パステル画同好会)

    愛知県出身、東京都在住。保育士(都内認可保育所勤務)。武蔵野美術大学卒業後、広尾・高輪シュタイナーこども園勤務時に教育芸術と出逢う。Goethe&Steiner ColorLabo Japan臼田さかえ氏にパステル画を教わり、現在はアトリエ・キンダーライムとしくらえみ氏のハウシュカシューレのクラスにて芸術療法を勉強中。またホリスティック教育教育研究所主催で青山学院大学名誉教授・教育学博士(東京大学)の今井重孝氏のもとでシュタイナー教育を学びながら教育実践を重ねている。

    菊地聡子

    (お休み前のマインドフル・ストレッチ)

    子供の頃から生きづらさを感じ、会社員の頃に心身ともに動くことが困難な状況になる。治療のプロセスで、クリパルヨガとヴィパッサナー瞑想に出会い、自己変容が始まる。体の土台を立て直す目的から始めたクリパルヨガが、自分自身の癒しや心の成長、ライフスタイルの変化につながっていくのを感じ、2018年から、米国クリパルセンター公認ヨガ教師に。企画コンサルティングの仕事とヨガの活動で、ヨガ的なあり方を模索中。

    木村ゆり

    (ヒーリングヨガ)

    居場所や生き方を求めて彷徨う中で出会ったヨガは、選択や自由、気楽さというニーズを満たすことから自然と足が向いた。自分の体の中の「居場所」と繋がり、自由になる喜びに力づけられ、2018年より米国クリパルセンター公認ヨガ教師に。周囲の理解とサンガに支えられ、ヨガの練習と小さな変容を続けている。

    島田啓介

    (寺子屋、マインドフルネス・ビレッジ村長)

    ゆとり家主宰。神奈川県の丹沢の里山で生活しながら、カウンセリング・翻訳・執筆・出張講座を行っている。90年代初期に出会ったマインドフルネス瞑想を実践しながら、様々な分野での伝え手となる。95年、マインドフルネスの代表的な創始者、禅僧ティク・ナット・ハン来日ツアーを主催、師の著作の翻訳の多くを手がける。マインドフルネスを中心にした講演、講座、研修など多数。翻訳書や雑誌などへの執筆多数。
     

    高山剛

    (準備中)

    戸塚真理奈

    (ファミリー向けマインドフルネスWS)

    ストレスやプレッシャーが軽減し、人生の指針が明確になるといったマインドフルネスの恩恵を実感し、マインドフルネス講師に転身。Googleが開発した、脳科学研究に基づくマインドフルネスプログラム「Search Inside Yourself(SIY)」認定講師。一般社団法人heARTfulness for living協会代表理事。

    藤井隆英

    (哲学カフェ、禅セラピー)

    禅の身体育てとなる運動療法、動的瞑想指導の第一人者。仏教身体研究家。zafu代表。身心堂 主宰 主任講師。「zafuざふ」「安楽坐禅法」開発者。禅の身体・哲学・社会活動・マインドフルネスに通じる僧。曹洞宗(禅宗)僧侶。整体師。愛知 一月院副住職。横浜 建功寺勤務。

    中場牧子

    (ヨガ、読書会など)

    ティーチャーズ(株)代表。20代でストレスにより体調を崩したことにより、ヨガと瞑想の実践を始める。アプリTeachers運営のほか、オンラインを中心に講座・ワークショップの企画、運営を手掛けている。米国クリパルセンター公認ヨガ教師、Yoga Ed.公認キッズヨガ、ヨガニドラーセラピスト。

     

    星美和子

    (めぐりヨガ)

    自身の婦人科疾患を機に東洋医学とヨガの道を志し、婦人科クリニックや治療院で不妊治療の方々への臨床経験を積みながら自身も体外受精を経て、1児の母となりました。現在は、鍼灸治療室HOSHIで鍼灸治療、プライベートヨガ、お灸教室、往診治療、オンラインヨガ、お灸教室を開催しています。鍼灸あんまマッサージ指圧師国家資格、米国クリパルヨガ センター公認ヨガ教師、せんねんきゅうセルフケアサポーター。

    松倉福子

    (クリパルヨガ、リストラティブヨガ)

    米国クリパルセンター公認ヨガ教師(500h)
    シニアヨガ教師/リストラティブヨガ教師/マインドフルネス瞑想指導

    あるがままの自分と他者を受け入れ、共に寄り添うクリパルヨガに魅了され、ヨガの指導を続けている。現在世田谷区近郊にて Blessing Yoga 「大人のためのヨガクラス」主宰。

    山上亮

    (寺子屋)

    整体ボディワーカー。野口整体とシュタイナーの観点から子育て講座を全国で開催。
    著書『子どものこころにふれる整体的子育て』(クレヨンハウス)、『整体的子育て〈2〉わが子にできる手当て編』(クレヨンハウス)、『こころとからだを育てる整体ワークブック 子どものしぐさはメッセージ』(クレヨンハウス)他

    山田直

    (ヨガ、食べる瞑想会など)

    ヨガ講師・自然食料理人。福岡県出身。東京、横浜、湘南エリアにてヨガ講師の仕事ヨガをメインに活動し、イベント、ワークショップにて、重ね煮やオーガニックの料理を伝えている。全米ヨガアライアンスRYT500認定ヨガ教師/クシマクロビオティックLevel2修了/ヒツジナヨガ主宰

    山口源忠

    (プチ読書会、縁側で過ごす、和の暮らし愛好会、NVC共感サークル、幸せのダイアログカード)

    2020年からマインドフルネス、NVC(非暴力コミュニケーション)の学び・実践を継続し、2021年に小さな音読会を開催。「世界は思いやりと感謝でできている」と想いながら過ごしている。地球・人へ思いやりある地域イベントのスタッフを経験し、現在は仲間とともに森づくり、学校でのパーマカルチャー活動に関わっている。空・月・草花を眺めたり、波音・沢の音を聴いたりするのが好き。

    渡邊英里子

    (ヨガ・フロー)

    全米ヨガアライアンス200時間トレーニング修了
    マタニティヨガTT修了、シニアヨガTT修了、リストラティブヨガTT修了
    「自分のことを好きになるには、まず自分のことを知るところから。
    心と身体を見つめて。心も身体ものびのびと。明日はもっと笑顔になりましょう。」

すべての投稿
×